勉強時間数の目安

社会保険労務士,試験

最近の資格ブームの中で、徐々に注目度をアップさせている社会保険労務士試験。
合格率は実に7~8%とも言われ、今やすっかり難関国家資格の仲間入りを果たしています。一度でも受験勉強を経験されたことのある方なら、その難しさは身にしみてお分かりになることでしょう。

 一般的に、社会保険労務士試験合格に必要な学習量は、時間数にして800~1,000時間であるといわれています。よくネット上で「3ヶ月で合格」「独学で余裕」という文言を見かけることがありますが、そう簡単にいかないことはこの数字からも明らかです。

 さて、今のアナタの生活に、果たして社会保険労務士試験の合格に必要な勉強時間を確保する余地はあるでしょうか?加えて、もしも予備校に通学する場合には、通学にかかる時間も考慮しなければならないことになるでしょう。
日々慌しく生活する中で、今まで以上に時間に追われ、社会保険労務士試験自体がストレスの原因になってしまうことはないでしょうか?

 また、もしも十分な学習時間が確保できる場合でも、「独学で」となるとなかなか効率良く合格を目指すのは難しくなります。
分からない箇所でいちいち立ち止まり、躓いているうちに今度は既に学んだ分野があやふやになってしまう・・・ということは、社会保険労務士試験の受験勉強中にはよくあること。

だからこそ、必要なことが分かりやすくまとめられた教材で、スマートに試験科目をこなしていく必要があるのです。

 忙しい毎日の中で効率重視の学習を進めるためには、社会保険労務士試験対策の「通信教育」がオススメ!
今の生活の中に無理なく勉強を組み込めるので、必要以上のストレスを感じることはありません。フォーサイトのフルカラーテキスト&ハイビジョン講義なら、初心者にも分かりやすくまとめられているので、サクサクと知識を身につけることが出来るはずです。

 一日も早く合格したいアナタは、「通信教育」をフル活用して時間を上手に使いましょう!