管理人推薦!合格直結のモチベーションUP術

社会保険労務士,試験

社会保険労務士試験に限らずですが、どんな資格試験を受験する場合にも、「モチベーションUPのコツ」は心得ておくと何かと役に立つものです。
私の場合、社会保険労務士試験に4度も挑戦することになり、長い受験勉強の中ではこのモチベーション維持に大変悩まされたものです。
 合格をしたい気持ちはとても強い。けれども、そこに心が伴わない・・・。
一度スランプに陥ってしまうと、この状況を打破するのは容易なことではありません。

 社会保険労務士試験に向けたやる気がイマイチの時の対処法としては、「とにかく、機械的にでも良いので学習を続けること」が一番有効だった様に思います。
こんな風に言ってはもはやコツでも何でもないのですが、無理やりにでも続ける中で、再び「社会保険労務士試験、頑張るぞ!」という気持ちになってくれるのを待つのが、私には最も効きました。
変に気分転換などで勉強から離れてしまうと、結局時間的に追い詰められ、後が辛くなってしまうんですよね。モチベーションは回復するものの、今度は自己嫌悪に陥ってまたスランプに・・・なんてこともありました。
社会保険労務士試験の受験を決めている以上は、どんな気分の時にも極力勉強からは逃げないようにした方が良いと思います。

 さて、モチベーションUPにつながる学習のコツとしては、「なるべく頭が疲れていない時間帯に集中して取り組むこと」でしょうか。
仕事でヘトヘトになっている時に条文を読んでも、ただ目で文字を追いかけるだけの作業になりがち。
しかしながら、朝に30分でも集中して勉強できれば、すごく覚えられるんですよね。

社会保険労務士試験の受験科目はかなり難しい内容ばかりですから、頭がクリアな状態の時にしっかりと覚えこまなければなかなか進まないものです。
私は始業前の30分~1時間を”社会保険労務士試験のための時間”と決めて、会社近くのカフェで勉強していましたね。短い時間でしたが、これがとても有効でした。
朝の方が、色々なことがスムーズに理解出来たので、モチベーションダウンもしにくかったと思います。

 働く社会保険労務士試験受験生にオススメな「朝勉」
「継続は力なり」の精神で、毎日少しずつでも目標にしてみてください♪